シンガポールで就労ビザを取る方法

シンガポールで就労ビザを取る方法はまず、シンガポールにい行くためにパスポートの準備、その他生活するのに必要な物を用意することです。シンガポールに渡った後は住む場所を決め大家さんなどと契約をし、始めはアルバイトなどで稼ぎ、コミュニケーションを取るための英語の能力が付いたら税関に行って申告をします。ここで住居や英語力や資金等について質問などがあり、これにクリア出来れば就労ビザを受け取ることが出来ます。言語については、シンガポールの独自なものももちろんありますが、最低限英語をある程度出来る状態にしておけば、仕事をする際にそれ程困るということはないと思われます。

英語は今や世界共通言語なので、身に付けておいた方がいいです。アルバイトを除いて月収制のものなど割と生活資金を得られるようなしっかりした仕事を得るにはビザが必要になります。シンガポールで一年以上などどちらかというと長い年月で生活していこうという場合に必要になってくるものです。現地で人生設計を考えて何かやりたい夢のようなものがあったり、また現地で誰かと結婚して生活していく場合になるかもしれません。逆に言うと、ワーキングホリデーや留学で訪れる場合や、はっきりした人生のプランが無い状態で生活する場合はビザのことは考えなくていいと思われます。ビザは長い年月に渡ってしっかり生活していく覚悟が出来ている時に取得するものであり、その時には割と容易に取ることが出来るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする