シンガポールで英語ができなくても仕事できる?

シンガポールは英語が出来なくても旅行では楽しむことが出来るものですが、仕事では不利になるようなこともあるでしょう。シンガポールという街はとても美しく街の発展も著しく進んでいますから、日本以外のアジアの国々の人々というのも多いものです。そうした他のアジアの国の人々は英語力にたけていることも多いので、仕事時に自分だけ英語が出来ないと浮いてしまうということもあると考えられます。一般的に日本人は英語が出来ない人が多く、日本の学校教育も英語は遅いといわれているものですから英語になじみのある人が多い国で、英語がと出来ないというのは自信消失にもつながりますし都合が悪いと感じるようなことも多くなると思われます。

英語が出来なくてもジェスチャーで伝わるから大丈夫だと思ってしまう人もいますが、真剣なビジネスの場で出来るジェスチャーは限られます。ですから英語は得意でなくても良いですが、全く出来ない状態では困るということもあるでしょう。また、短期で研修程度でシンガポールに滞在するという人であれば問題ないかもしれませんが、どれくらいビジネスで滞在するかもわからないのに英語に無関心ではいけないと思われます。英語に無関心になってしまうということはそれだけ仕事で出世できる可能性を取り除いてしまうという事ですし、出来ることも限られてしまうでしょう。英語のせいで仕事に支障が出たり、自分が困るようなことにならないようにもすることが大切だと思われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする